臨時信号機

解説

臨時信号機は工事や災害により臨時に徐行する必要がある場合に設置されます。徐行信号機、徐行解除信号機、徐行予告信号機の3種類があります。
鉄板の看板なので標識と間違われがちですが、これは信号に分類されます。

現示・表示方法

徐行予告信号機 徐行信号機 徐行解除信号機
徐行信号機に従属する信号機で、徐行区間があること
を予告します。
徐行信号機の600m以上手前に設置します。
徐行区間が開始される場所に設置されます。
下の数字は速度です。

徐行区間が終了する場所に設置されます。

列車編成が長い区間では必要により徐行解除目標が設置されます。




臨時信号機の現示