速度制限標識

解説

列車または車両の運転速度を制限する必要がある場合にその始端を表示します。

現示・表示方法

分岐器などで特定の方向に行く場合のみ速度制限をかけます。
図の場合は右側のみ
一般的な速度制限 下に制限区間の距離や車種が記載されている場合もあります。


その他

緑色板等によって制限速度が向上する場合もあります。どれを使用するかは車種により異なります。車種と制限については、列車運転速度表で定められています。
緑色板 橙板
上段の速度制限+5kmまたは10kmとなります。 上段の速度制限+5kmとなります。下記写真の場合の制限は90キロとなります。 下段の場合は速度制限標識の周りに
色がつけられています。速度は緑は+10キロ、
橙は+5キロです。




類似・関連

速度制限解除標識

速度制限区間が100mを超える場合は速度制限解除標識が設置されます。

→速度制限解除標識