各地に残る車両




機関車


K2形機関車134号機

第二連隊に所属していた機関車で敷設した線路を走行し訓練を行っていました。戦後はユネスコ村にて保存され、その後はふるさと津田沼へ戻り、津田沼第一
公園で保存されています。



 


B10型4号機

イギリスで製造された機関車で国鉄などを経て陸軍が徴用されました。戦後は千葉機関区に配属されたのち、小湊鉄道に譲渡されました。現在は五井駅
にある五井機関区で保存されています。

五井機関区の保存施設は構内にありますが本社で許可を得れば随時見学できます。許可といってもあいさつ程度で大丈夫です。

 


C56型 31号機


 結論からいうとタイで使用されていた機関車です。戦時中、日本軍は南方への進出を進め、ビルマ(現在のタイ)へ進出し、物資輸送用の鉄道を現地に建設
しました。その工事を担ったのが鉄道連隊でした。第一連隊、第二連隊などで訓練した兵士が現地に送り込まれ、建設されたのです。
 この機関車はもともと日本で使用されていたものですが、徴用されビルマで使用されました。戦後も現地の国鉄で使用していましたが引退し、その後日本に
戻ってきました。
 現在は靖国神社内にある遊就館の入り口で展示されています。





E18型機関車

ドイツで製造され、鉄道連隊の演習線で使用された。戦後西武鉄道に譲渡されたのちユネスコ村で展示されその後練馬区にあるプレスアイゼンバーン
社屋前で展示されています。


 




貨車など


戦後各地に払い下げされ現在も車庫などに残されています。


岳南鉄道 岳南富士岡駅



ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅構内



 


小湊鉄道 五井機関区構内