鉄道連隊演習線 下志津支線

 下志津支線は第一連隊の中から出発し、現在のJR総武本線四街道付近までの路線でした。この路線もすべて線路は撤去され道路などになっています。痕跡はほとんどありませんが、線路跡を踏査します。

第一連隊内の線路から分岐し、細い道へ入ります。

 



そして北へ向けて出発します。最初はモノレールとの交差



京葉道路との交差。当時はありませんでしたが。



途中の道路。結構な急カーブと急勾配になっています。この近くにはモノレールの萩台車両基地と千葉市動物公園があります。

 

再びモノレールとの交差。位置関係は地図でご確認を。




引き続き道路を進むとようやく境界標が登場しました。下志津支線は単純に道路になったわけではなく、拡張されている部分が多いため境界標は少なめとなっています。

 

 

さらに道路を進むと

 

道路が終了してしまいます。戦後の開発で工場などが立ち並び線路跡がなくなってしまいました。




工場群のあとには陸上自衛隊の下志津駐屯地があります。ここは当時陸軍の基地があり、下志津線が建設された後に陸軍の基地となり、そのときに線路が撤去されたようです。

 

下志津駐屯地を抜けると再び道路となります。

 

最後に遊歩道となって下志津線は終了しました。




終点の地点は陸軍の「野戦重砲兵第四連隊」のあった場所です。現在は愛国学園となっていてほとんど残っていませんが、正門の門扉は当時のものがそのまま使用されています。また、脇には石碑も建てられています。