鉄道第二連隊


第二連隊の概要


第二連隊は現在の千葉県習志野市にあるJR津田沼駅を跨いで北側と南側に広がっていました。戦後開発が進められ、ほとんど遺構は残っていませんが、残り少ないものを紹介します。


千葉工業大学正門

JR津田沼駅の南側に位置する千葉工業大学は第二連隊の跡地を利用して立てられました。この正門は唯一残る以降で当時のままになっています。そして登録有形文化財にも指定されています。

 




新京成の鉄橋


 新京成電鉄の新津田沼・京成津田沼間にあるJR総武線とのオーバークロスの鉄橋は鉄道連隊が建設したもので現在も使用されています。昔はレンガ造りでしたが補強され現在はただのコンクリートとなっています。新津田沼・京成津田沼間はいろいろ歴史がありますので別のページで紹介します。

 

 


津田沼第1公園


 JR津田沼駅の北側には千葉工業高校がありました。同校は元は千葉市の検見川にありましたが、戦時中に消失し、戦後鉄道連隊の跡地を活用してここに建設されました。その後再度移転し、現在は千葉市中央区今井に移転しています。津田沼第1公園には当時学校があったことを示す石碑があります。

 また、同公園には鉄道連隊が使用していたSL「K2」が展示されています。