武蔵野線はもともと貨物列車を通すために作られた路線のため各線とつながっています。
ここでは武蔵野線の支線を紹介します。

概要図




国立支線

西国分寺駅から国立駅までの武蔵野線と中央線を結ぶ線路。武蔵野線では西国分寺駅
構内の小平トンネルで分岐しているため見ることはできません。
※ただしJR貨物は単独の路線として扱っているため区間は新小平・国立間となっています。

中央線と武蔵野線の西船橋方面を結びます。府中本町方面については南武線を経由する
ため支線はありません。


大宮支線

西浦和駅から別所信号所と通り東北本線の与野駅までを結ぶ線路。府中本町方面を
結んでいます。西船橋方面については西浦和支線を経由しています。。

西浦和支線

武蔵浦和駅から別所信号所までを結ぶ線路。別所信号所からは大宮支線を通り
東北本線とつながっている。武蔵浦和駅が開業する以前は田島信号所となってました。


北小金支線

南流山駅から常磐線の北小金駅を結ぶ線路。常磐線の水戸方面の列車が通る。
上野方面については馬橋支線を通っている。


馬橋支線

南流山駅から常磐線の上野方面を結ぶ線路。

線路の方向としては武蔵野線の府中本町方面に向いていますが、折り返すことが
できるため常磐線から入り西船橋方面へ行くことも可能です。

その他

新秋津駅構内に西武鉄道とを結ぶ短絡線があります。

西船橋から南船橋までの二俣支線及び西船橋から市川塩浜までの高谷支線は武蔵
野線の列車しか走りませんが京葉線の支線です。

南武線については府中本町駅構内で接続しているため支線はありません。

総武本線は接続していません。