千葉都市モノレールは交通渋滞の激しい千葉市内を改善するために建設されました。4回に分けて建設され
現在は営業キロが15.2kmとなり、世界最長の懸垂式モノレールとしてギネスにも認定されました。
 
 日本の懸垂式モノレールはこの千葉都市モノレールと湘南モノレールの2か所しかなく珍しい鉄道です。

 平成22年からは新型車両の0型URBAN FLYER 0typeも運転を開始し、活気づいています。