ひたちなか海浜鉄道開業にあたり、社長を公募し吉田千秋氏が就任しました。
 吉田社長は富山地方鉄道、加越能鉄道を経て万葉線株式会社で総務課次長として活躍していました。
 万葉線は元は、加越能鉄道でしたが、利用客の減少によりバスへの転換されそうになったが、第三セクター方式で万葉線株式会社を設立し存続することとなった。路面電車の第三セクターは全国初となった。
 その後は新型車両の導入や観光客誘致、定期券の値下げなどの取り組みを行っています。

万葉線
ひたちなか海浜鉄道
 ひたちなか海浜鉄道開業と共に公募された吉田千秋氏が社長に就任しました。

 そして通学定期券の値引きや通勤・通学時間帯の増発、地元とのタイアップなどを行い利用客を増やす取り組みを行っています。

増発に向けて交換設備を新設した金上駅