養成費用700万円自己負担で運転士を募集

 
 鉄道ファンの夢といえば運転士になること。しかし、現実は自動車免許のように簡単に取得できず、鉄道会社に入って免許をとらなくてはなりません。

 いすみ鉄道の前身は国鉄・JR木原線でした。いすみ鉄道開業当時の運転士は全員がJRからの出向でしたが現在は60歳を超え定年間近となっています。そのような中で自己負担運転士の募集が行われました。

 鉄道では普通考えられないことですが養成費用700万円を自己負担することを条件に運転士を募集しました。これを実施するために運輸局とだいぶ話し合ってきたようですが、実現することができました。それぞれ鉄道以外の仕事をしていたみなさんですが、無事免許を取っていすみ鉄道で運転士として活躍しています。

現在は募集していませんので悪しからず・・・