千葉市上空を飛ぶ航空機に関する一考察



 千葉といえば成田空港ですが、羽田空港への着陸便の通り道だったりして千葉県を通る飛行機はとてつもなく多いのです。。

 「数か月前の新聞に羽田空港の着陸便の飛行ルートが変更となったことにより千葉市上空を飛ぶ航空機が激増し、騒音に関する苦情が千葉市に多数寄せられている」とありました。千葉市に住み始めて2年半になりますが、飛行機がうるさいと思ったことはないのですが。
 そして暑さに耐えられずベランダで涼んでいたら思いのほか飛行機が上空を通過していくので便数を数えてみました。


流れ星ではなく飛行機です。8秒も撮影していたのでこうなりました。


 「数か月前の新聞に羽田空港の着陸便の飛行ルートが変更となったことにより千葉市上空を飛ぶ航空機が激増し、騒音に関する苦情が千葉市に多数寄せられている」とありました。千葉市に住み始めて2年半になりますが、飛行機がうるさいと思ったことはないのですが。
 そして暑さに耐えられずベランダで涼んでいたら思いのほか飛行機が上空を通過していくので便数を数えてみました。

千葉市上空を通過する飛行機

21:32
21:33
21:36
21:38
21:42
21:44
21:46
21:48
21:48
21:50
21:50
21:52
21:53
21:55
21:55
21:57
21:58
22:00

30分で18便も通って行った。2分に1本以上の割合で通過しているのでした。想像以上に飛行機が飛んでいました。驚きです。


では、なぜこんなに多いのか。これは羽田空港のD滑走路が完成したことにより飛行ルートが変更になり、東北・北海道から来る便と西日本側から来る便、海外便全てが千葉市上空を通過することになってしまったためだそうです。昔は南側から着陸する場合は木更津市付近から千葉県に上陸していたのですがいつの間にかルートが変わっていたようです。
まぁ、4000〜5000フィート付近を飛んでいますのであまり気になりません。


千葉県庁のHPより


柏鉄道フォーラムトップへ