鉄道会社に就職するには
 鉄道会社に就職するには、学校を卒業しなくてはなりません。就職するには高校、専門学校、大学などを卒業すると共に就職試験に合格しなくてはなりません。勉強をがんばりましょう!

Q:何を勉強すればいいの?
 鉄道会社の就職試験は会社によって異なりますが筆記や面接などがあります。いずれにしても試験で鉄道に関する知識は問われません。駅名など社会常識的なものは出るかもしれませんが、信号の歓呼など鉄道の専門知識は関係ありません。就職試験対策は会社によって異なりますので学生の皆さんは学校の進路担当の先生に相談してください。
 試験以外にも学校の成績なども重要です。鉄道に関する知識は入社後の研修で学びますので面接で「BVEをやっているので電車の運転はプロです!」と言っても採用してもらえません。日々の勉強や部活をがんばりましょう。

Q:役立つ資格などは
 鉄道に関するものでは旅行業などを持っていると将来便利です。時刻表検定はあくまで趣味の世界のようなものですので就職に有利かどうかは疑問符です。私の個人的見解ですが。

Q鉄道会社に就職するにはどんな学校へ行けばいいの?
 いろいろな学校から鉄道会社へ就職することができます。代表的な鉄道に関する学科などがある学校を紹介します。
 学校紹介はこちら
鉄道会社就職までの道のり(新卒)

 新卒(学校を卒業してそのまま就職する人)の場合は学校在学中に就職試験を受け、卒業後に就職します。試験に合格しても学校を卒業できなければ、就職内定は取り消しとなってしまいますので卒業までしっかり勉強しましょう!
鉄道会社就職までの道のり(既卒)

 学校を卒業後に他の仕事をして、鉄道会社に就職する場合は社会人採用試験を受けて就職するこができます。ただし、社会人採用試験の場合は駅業務に限定される場合があり、乗務員になれない可能性もあります。会社によって異なりますので確認が必要です。
 また、駅業務などを行う契約社員の採用を行っている会社もあります。契約社員では乗務員になれない場合がほとんどですが、正社員登用制度がある会社も多くなっています。正社員になったあとに乗務員になれる会社もあります。