東京から千葉まで製作し、その後成田空港まで延伸します。
総武快速線は東京から錦糸町までは地下区間、錦糸町からは複々線、千葉からは複線、成田からは単線になる
など変化に富んだ運転ができます。

 現在は東京・千葉間の39.2キロ公開しています。今後は千葉・成田空港間を作成します。全通すれば総延長
79.2キロとなります。これは武蔵野線の府中本町・南船橋間と同じくらいの距離になります。

 千葉・成田間についてはすでに別サイトで公開されていますが、最高速度120キロで75キロの制限があるなどカーブ
も多く変化に富んでいて運転のしがいがあると思います。その分作成が大変になるわけですが・・・