スクリーンショット

始発の蘇我駅

京葉線のほか、内房線・外房線の分岐駅、京葉臨海鉄道との接続もあり大きな駅です。





駅のストラクチャ

武蔵野線では駅のストラクチャはほとんど再現していませんが、京葉線では階段、エスカレータ、エレベータなどの大きなものの他に
レピーターやLED表示機など細かいもの作成しています。

 

待合室も作成しています。



京葉線で特徴的なのは海沿いのため駅に防風壁が設置されています。これも駅により個性がありますので再現していきます。
これは海浜幕張駅ですが、壁の上の青い物体は風力発電装置です。「エコステ」の一環で設置されました。






画質の向上

武蔵野線では距離が長いためストラクチャは少な目で画質も落としていましたがパソコンの性能も向上していますので画質を上げました。
左側が京葉線で右側が現在公開している武蔵野線です。