最近BVEデータの無断転載が多く発生しています。
このページでは無断転載について説明しています。




物には作った人に著作権という権利があります。

他人が作ったものを勝手に配布したり公開することはできません。



最近、無断転載というものをよく見かけます。無断転載とは
許可を得ずに他人のデータを自分のサイトなどで公開する
ことを言います。

以下のようなことは無断転載となり絶対にやってはいけないことです。

その@

A氏のデータの方が良い音だからもらおう。


このような場合、自分のパソコンの中だけで行うのであれば問題ありません。
他人にあげたりすることは許されません。


そのA

このデータをほしがっている人がいるから圧縮して
自分のホームページで公開してあげよう。







必ず使用する許可をいただきましょう。


     

許可を取る方法にはメールを送るや掲示板に書き込むなどの方法があります。
許可を得るときはただ単に「貸してください」ではなくあいさつ文や自分の名前
も書きましょう。

※許可は必ずでるものではありません。

     

許可がでたらまずお礼をしましょう。
また、公開する前または、公開した直後に公開する旨の連絡をしましょう。

許可を得てホームページ等で公開する前に許可
を得たものだけを使用しているか確認しましょう。
またデータ内や、ダウンロードページに
「×××.csv、▲▲.wavはB氏からお借りしています。」
などのように借りているということを明記しましょう。






自分で公開しているファイルに許可を得ていないデータが混じっている
ことに気付いたらすぐに公開を中止し、当該のデータの作者に謝罪を
しましょう。
また、公開していた場所にも無断転載していたことを書いてお
きましょう。






自分のデータが無断転載されていることに気付いたらサイトの管理者
にその旨を連絡しましょう。





データはできるだけ自作しましょう。
どうしても自作できなく、データを借りるときには必ず許可をとりましょう。
また公開する前に無許可のデータが入っていないかよく確認しましょう。
代理公開についても同じです。公開する前によく確認しましょう。